「野菜スープダイエットの真偽」


ネットを中心に流行している
野菜スープを毎日食べて、1週間で5キロ痩せる方法です。

「英国の病院で肥満者は手術の際脂肪が邪魔になるので
 このスープを使用して痩せさせる方法」

こうした能書きは
国立病院ダイエットや他の同様のダイエット法に共通で
信憑性を高める手段ですが、全くのウソです。
100キロの人が95キロになっても
外科医にとって手術がやり易くなる実感はありません。

体力を手術前に失わせ、
栄養素が極端に欠乏する超低カロリーの食事メニューを
病院で取り上げるはずがありません。
スープは単なる超低カロリーなので、痩せるのは当たり前です。

「体質が変わり太りにくくなる」
こうした説明もつき物ですが、あり得ません。
メニューは科学的ではなく、 どなたかの思いつきの羅列となっています。

栄養素の非常に欠乏した食事はビタミンの服用で補えるわけも無く、
重大な障害を来たす方もいる事は容易に想像できます。

痩せた時点でダイエットが成功したわけではありません。
痩せたあとの維持がもっと大変ですし、
数々の副作用の危険性もあります。

こうした減量法をHPにアップされる方は、影響もご考慮頂きたいと思います。
「私はこれで上手く行って大丈夫だった」
これは誰にも当てはまるものではないのです。

●サイト内関連ページ

低カロリーダイエット
 
超低カロリーダイエット(VLCD)

国立病院ダイエットへの警鐘

リンゴなどの単品ダイエット