「ゼナドリン(2)」


ゼナドリンは、エフェドリンを主な成分とする減量薬です。

エフェドリンは代謝を高め、
体重を運動や食事制限などをせずに減らすことが可能です。
日本国内でも簡単に入手することができます。

販売者は「サプリメント」として販売していますが、
サプリメントの本来の意味は
体に足りないものを「補給する」という意味です。
こうした意味ではビタミン剤等はこの範疇に入りますが、
薬品をサプリメントと呼ぶのはいかがなものでしょう?

「サプリメント」という響きに、人々は
なんとなく安全なイメージを持ってしまいます。
しかし、ゼナドリンの成分であるエフェドリンは
循環器系の副作用の強い「薬品」そのものです。

米国では「使用による死亡例がある」旨を
ラベルに表示することを義務付ける方向ですが、
日本ではそのような対策は未だに行われていないようです。

こうした薬剤は全身の血管を収縮させ、心臓の負担を増やします。
代謝は確かに亢進して、運動も食事制限も無く痩せるのですが、
リバウンドの時期にも同じ方法をとらねばならない事態に陥ります。

このようなダイエット法は、
貴方の身体を蝕むダイエットの麻薬に相当します。
使用するのであれば、危険性を正確に知る必要があります。

「薬品」の副作用を利用したものを
「サプリメント」と呼ぶ事は、米国から影響を受けたものですが、
ますます消費者自身の自己責任が問われる時代です。
正しい知識を持ち、危うい薬品で健康を損なわないようにしてください。

●サイト内関連ページ

ダイエット薬エフェドリン、エフェドラ、麻黄

個人輸入代行:ダイエット健康食品

サプリメントによるダイエット

ダイエットサプリメントの危険性

痩せるために覚醒剤?