「抗酸化ビタミンのサプリメントは効果が無い?」


「抗酸化物質」という言葉を
みなさんも昨今、頻繁にお聞きになっていると思います。
活性酸素を除去して血行を良くし、血栓を抑制し、と
様々な効果が述べられてきました。

さて、その抗酸化物質については、以前にも他の論文で、
抗酸化ビタミンのサプリメントが無効かもしれないとの
配信をいたしました。

今回は、1994年から2004年にかけて、抗酸化物質のサプリメントの
有効性について報告された多くの論文をレビューして考察を加えた
報告がありましたのでご紹介します。

2004年のAmerican Heart Association(米国心臓協会)の医学誌
CIRCULATION8月号に掲載されました。

米国ペンシルバニア大学のグループは、多くの論文をまとめて
考察し、その結果として抗酸化物質のサプリメントは心血管系疾患に
効果が無いという結論に達しました。

ビタミンEに関する論文9件のうち、効果が無いとしたものが5件、
3件は良い影響を与えたにとどまり1件は悪影響を及ぼしたものでした。

抗酸化サプリメントでも代表的な「カクテル」について、やはり
効果が認められないとする論文が5件中2件で、しかも残り3件は
悪影響をおよぼしたとされています。

Dr.Penny M. Kris-Ethertonらは、こうした抗酸化物質サプリメントの摂取は、
心血管系疾患になんら影響をあたえないとしています。

また、果物や野菜から摂取するこうしたビタミンには、心血管系疾患に
良い影響を与えることがわかっているので、こうした抗酸化物質は
サプリメントでなく食品から摂取するべきと結論付けています。

Antioxidant Vitamin Supplements and Cardiovascular Disease Penny M. Kris- Etherton et.al Circulation 2004 110: 637 - 641

ダイエットにも時々登場するこの抗酸化ビタミンや抗酸化物質、
そして販売されているそのサプリメントも多数あるようです。

心血管系の疾患に無効ということになれば、改めて
抗酸化ビタミンサプリメントの有効性にも疑問符が付く
報告とも言えそうです。

今後も新たな研究、報告に注目して行きたいと思います。

●サイト内関連ページ

健康食品の見極め方

サプリメントは良くない?