「どうして肥満になるの?」


食生活や消費カロリーだけでは論じられません。もちろん生活で消費するカロリーを超えた食事をすれば太るのですがこれには遺伝子なども関与しています。

肥満遺伝子というものが発見されてからにわかに話題になりました。この遺伝子が肥満に大きな影響を与えていると言われています。

3歳くらいまでに肥満してしまった子供も成人になってから肥満し易いとも言われています。子供の肥満は遺伝子のせいもあるでしょうが、やはり両親の生活習慣を学んだために成長後も肥満になるとも指摘されています。

あくまで基本は食生活を含めた 生活習慣です。お子様がいる家庭では子供のうちから食生活には注意を払う必要がありそうです。

●サイト内関連ページ

 レプチン

 小児肥満に多い生活習慣