「健康障害のないダイエット」


ダイエットを志すきっかけには大きく分けると2つの理由があります。

 1)社会的影響や環境により思い描く理想体型と自分の体型の
   ギャップを埋めるため

 2)健康障害が予想される肥満体型もしくは肥満による
   生活習慣病などの合併症があるため

1)については、もともと健康であったのに間違ったダイエットにより
健康を害してしまうことに注意が必要となります。自分特有の体型で
健康でいた方が良いのか、健康を害しても理想体型に近づくことが
良いことなのか、でしょう。

2)についてはやはり医師をパートナーとして減量する事が
理想的ですが、間違ったダイエット法に陥ると強いリバウンドや
合併症を悪化させる恐れがありますのでダイエットも
より慎重でなければいけないでしょう。

いずれの場合も誤ったダイエットを行うと
「やらない方が良かった」
という場合も多いのではないでしょうか。いずれの場合も
体調を崩さない程度の減量に留めるべきです。

非常に多くのダイエット産業やメディアからの情報が
氾濫する現代、健康的にダイエットするためにはまず
「健康を害するダイエット法」を見極めてからでなければ
ならなくなってしまいました。

ここしばらく配信内容もあれはいけない、これは駄目という内容が
多くなっていますが、決してダイエットに否定的なわけではありません。
医学的、健康的な痩せ方のおおまかな部分はホームページに
かなりの部分が既に掲載されています。
是非、配信だけでなくそちらもお読み頂ければ幸いです。

あまりにも多くの情報がダイエットをより複雑化させてしまっている
感があります。健康的なダイエットの基本はそんなに数多く
あるわけではありません。