「飢餓」


ダイエットは必ず摂取カロリーが消費カロリーを下回るわけで、
一種の飢餓状態にあたります。

1944年から1年間行われたダイエット実験
「ミネソタの実験」はキーズ氏により詳細に報告されています。

被検者は軍関係の人で、一日1570キロカロリーで1年間、
通常の生活を送りました。
彼らの必要なカロリーは1日に3000キロカロリーでしたから、
約半分のカロリーで1年を過ごしたわけです。

結果は腕、足、背中の筋肉が30%減少し、心拍出量は
半分になりました。肌はカサカサになり性機能は減弱し
睾丸は縮小しました。
手足は冷え、持久力は低下、頻尿になり基礎代謝は
40%減少しました。
むくみ、脱毛も見られ性格は無感動、自己抑制能力も低下し、
身だしなみは悪くなりいらいらはつのりました。
神経質になり集団意識はなくなりユーモアもいつしか消失、
非常に怒りっぽくなり他人とうまくやっていくことが
できなくなり嫌味を頻繁に言うようになりました。

通常の一般人は一日2000−2500前後の消費カロリーで
生活している方が多いでしょうが、極端に痩せる民間プログラムは
一日のカロリーが消費カロリーの半分もしくはそれ以下の場合が
非常に多く見受けられます。

こうした人間としての性格まで変わってしまうような
カロリーでの減量は、真につつしむべきです。
ダイエットも美しく、健康になる範囲で楽しくありたいものです。
1200カロリー以下のダイエットは医師の監視下で
行うものと思われます。

それ以前に、ダイエットを目指す人達に自分の摂取カロリーを
把握している方がかなり少ないのも現状です。カロリーを知れば
上記のような健康を害するダイエットに陥る危険性も
少なくなるでしょう。カロリーブックなどでご自分の一日の
摂取カロリーを知る事がダイエットの第1歩ではないでしょうか。

カロリー計算ソフトとしては「ヘルシーダイエット」は
使いやすいですし栄養士にも広く使用されています。

http://www.adlink.co.jp/tosho/products/hd3/index1.htm

●サイト内関連ページ

 カロリー計算の方法、本など