「神経性食欲不振症」


神経性食欲不振症は肥ることが怖い、多くは誰かの「デブ」
「太っている」などの言葉がきっかけで発症する場合が多いようです。
特に男性の場合、非常に仲の良い女性に対しては「デブ」などの
表現を無神経に使ってしまう場合があります。

これらの言葉は非常に軽い気持ちで言う場合が多いのですが
受け止める方はそうは行きません。

体重が自分のすべての価値となり頻繁に体重を測る。
食べたらカロリーを差し引きゼロにするために無理やり吐く。
吐くために胃液に侵食されて歯がボロボロになる。
体重が増えるのが怖いので下剤や浣腸を使用する。
他人と一緒にいて見られている時はほとんど食べないが、誰も
いない時には非常に多くの食物を摂取してその後すべて吐く。
生理は止まる、もしくは非常に不規則になる。
肌がかさかさになり潤いがなくなる。
およそ通常の食事とは言えない食品内容の食事を摂っている。

このような摂食障害は時として難治なもので、精神科や
心療内科の治療を要します。

こうした摂食障害は男性にも起こり得るのですが、特に女性に向かって
「肥っている」云々の言葉を軽々しく口にすることは慎むべきでしょう。
このような重大な病気の引きがねになる場合もあるのです。