「肥満すると糖尿病になり易い」


肥満による2型糖尿病は増加し続けています。
ではなぜ肥満すると糖尿病になり易いのでしょう?

肥満の中でも特に内臓脂肪の蓄積が糖尿病発症に関係が
深いといわれています。
内臓脂肪の多い人は血液中にインスリンが多い状態が続きます。
これによってインスリン自体の作用が減弱されます。
内臓脂肪から出る脂肪酸はインスリン作用を減弱させます。

内臓脂肪から大量に脂肪酸が血液中に出た状態では、インスリンが
正しく作用して糖を肝臓や筋肉に取り込むことが正常にできなく
なるのです。

このように肥満の中でも内臓に脂肪が沈着するタイプの肥満は
生活習慣病に大きくかかわっているといわれています。

●サイト内関連ページ

内臓脂肪の測定(N2システム)