「夕飯にご注意」


現代社会では接待やお付き合い、家族団らんはどうしても夜になり、したがって夕食で沢山のカロリーをとってしまうことになります。

理想的には朝、昼、夜を均等のカロリーで過ごしたいものですが。夕食で摂取するカロリーが一日の摂取カロリーの40%を超えると内臓脂肪の沈着率が非常に高くなりますし肥満にもなりやすい傾向があります。

夜は消化器運動をつかさどる副交感神経の活動が亢進するため、食べ物の吸収効率が最も良い時間となります。その時間にお腹いっぱい食べてしまうのはダイエットにとっては問題です。

夜間にだらだらと長い時間に渡ったカロリーの多い摂食が続くと、体は脂肪を蓄え易くなりますし、困ったことに昼間はなるべく脂肪を燃焼させないような反応を示してしまうようになります。

これに朝食抜きなどの要因が加わると肥満一直線。朝食抜きと夜の大食にはご用心。