「正しいアルコールの飲み方」


アルコールのカロリーは1gあたり7kcalと言われています。
これには最近でも様々な議論があり、その中で5kcalくらいが実際の燃焼カロリーではないかと言われています。

アメリカの最近の論文にもアルコールの増量は体重増加に関係しないというデータの発表もありました。

アルコール健康医学協会の正しい飲み方をご紹介します。

☆楽しい雰囲気で飲む
☆時間をかけて飲む
☆食べながら飲む
☆飲酒量はビール1〜2本、日本酒1〜2合、
 ウィスキーはダブル1〜2杯までとする。
☆夜12時以降はやめる
☆毎日続けて飲まない
☆薬剤と一緒に飲まない
☆強い酒は薄めて飲む
☆楽しみとして飲む

ただし、これらはダイエットのための飲み方ではなく肝臓など体の負担を考えての飲み方です。でもダイエットにも共通するものがありますので、ご紹介しました。

アルコールは胃酸分泌を促し食欲を増す作用もあるのでダイエット中のみなさんは食べ過ぎには注意しましょう。