「食用油健康エコナ」


ダイエットにも非常に関連性があるのでご紹介します。

テレビCMなどでおなじみの食用油で、体に脂肪がつきにくい油として知られている特定保健用食品です。これは特許で「花王」だけの製品です。体に脂肪がつきにくく、血中コレステロール低下作用があるこの油は日本人間ドック学会でも商品名を挙げて生活習慣病予防に推奨されています。

これは十数年前に花王で、口の中で溶けやすいチョコレートの成分の研究中に偶然できた消化が良い脂質、「ジアシルグリセロール」が主成分です。

同じ量の油をエコナに代えただけで内臓脂肪や皮下脂肪が有意に減少したデータは何件もの論文に裏付けられています。一般の食用油の原料は、トリアシルグリセロールが主成分ですが、エコナの主成分はトリアシルグリセロールから脂肪酸をひとつとった構造のジアシルグリセロールを80%以上含む食用油です。

小腸で吸収されたジアシルグリセロールは一般の油の半分しか中性脂肪に再構成されません。残りの半分は肝臓で分解されます。血液に流入する中性脂肪の量が半分なので、食後の中性脂肪の上昇が抑えられ、内臓のまわりや肝臓に脂肪が蓄積しにくくなるというわけです。これがこの油の体内で燃焼し易いという理由です。

そこで担当医師も(株)花王第一研究所の方にお会いして参りました。数々のデータも見せて頂き非常に勉強になりましたし、臨床医としての意見などを述べさせていただきました。

最初から高価な油であったにもかかわらず好評を博しましたが、通常の油よりかなり高価で、売れるかどうかは発売まで非常にご心配になられていたそうです。そのあたりの涙ぐましいお話なども交えながら良い時間を過ごさせて頂きました。(^^)

ただし、エコナと言えどもカロリーは他の食用油と同じ1gあたり9kcalはしっかりあります、低カロリーの油というわけではありませんのでその点はご留意ください。

成人病学会で認定されているものは「健康エコナ」です。エコナの方はまだ認定されていないそうです。

「健康エコナ」HPはこちらです。

http://www.kao.co.jp/econa/