「魚からの蛋白摂取」


日本人は魚からたんぱく質の多くを摂取して来ました。
これが欧米型の食習慣の流布とともに肉食が多くなり、
生活習慣病の増加を招いた事は明白です。

たんぱく源としての魚は、その20%がたんぱく質です。
塩焼きなど一切れ80−90グラムとして日本人のたんぱく質
所要量の約3分の一を摂取することができます。

ちなみに天然と養殖の真鯛の比較では、養殖真鯛は天然の
2倍の脂質を含みます。
その餌にイワシやアミなどの高カロリー食とイケスの中での
運動不足によるものでしょうか。
天然真鯛は高価ですが、他の魚でもなるべく天然ものを
選ぶ方がダイエットには適しているかも知れません。

資料 天然真鯛と養殖真鯛の成分比較