「酸性食品とアルカリ性食品」

梅干の効用」について、購読頂いている
内科医の先生にご指摘を頂きました、この場を借りて
御礼申し上げます。下記の部分です。

「よく誤解される事ですが、梅干しそのものはアルカリ性です。
しかしアルカリ性の食品を食べたから血液がアルカリ性に傾くことは
ありません。人体の血液は常に弱アルカリで一定に保たれていて
酸性に傾くと通常の生活は営めません。」

上記の部分ですが、梅干そのもののpHはアルカリ性ではなく酸性です。
アルカリ性食品と言われていることについての解説を加えようと
したものですが、訂正させていただきます。申し訳ございませんでした。

梅干はアルカリ性食品と各所で言われているようです。しかし
この概念は非常に古い昔のもので、上記のように人間の血液は
食品摂取によってアルカリや酸性方向に変動することはありません。
よって「酸性食品」「アルカリ性食品」という概念自体は医学的には
すでに否定されています。

酸性の血液をアルカリ性にするような表現も巷で見かけます。
血液が酸性では、人間は生命の危機に瀕するでしょう。

このようにアルカリ性食品が体に良いとよく言われていますが、
意味のあるものではありません。