「間食」


おやつは肥満に悩む方にとっては悩みの種です。どうしても止められない、お菓子につい手が出てしまう。

間食はお腹が空いているから食べるわけではなく、いつもの習慣として、もしくはイライラを抑えるためなどの理由から間食を食べてしまうのでしょう。

こうした空腹でもないのに食べる行為を「代理摂食」と言います。これはダイエットには非常に困る習慣です。残ったものを勿体無いと食べる事やストレス解消に食べる事もその中に入ります。そして次第に摂取カロリーの増加を招くのです。

本来の食事というものと別にこうした摂食習慣がついてしまっている事は改善しなければいけません。食事との区別がつかない状態になってしまっているのです。空腹でもないのに食べる事を「誤った行動」だと認識しなければならないでしょう。

食事の時間に続けてデザートを食べるようにすると、いずれ食事に間食が吸収されてしまうといった方法も良いとされています。

いずれにしても、こうした間食を空腹でもないのに食べているという認識をしっかり持つ事が肥満治療には非常に大事なことです。