「食べたら動く」


減量を目的とした運動療法の基本的な事です。

朝食抜きは脳へのグルコース(糖)の供給も悪くなりますので
午前中の仕事や学業に支障を来たします。
更に不足したカロリーは昼と夜でまかなわなければならない
ため、どうしても夜の食事にウエイトがかかります。

夜の食事の後は動かない事が多いため、やはり肥満に繋がります。
これは夜は吸収効率が良い事とあいまってダイエットには
当然支障を来たします。(下記関連ページ参照)

やはり人間は食べたら動くのが基本です、食べないで動いたり
食べて動かない事が減量の妨げになります。

●サイト内関連ページ

 いつ運動したらいいの?

 夕食にご注意