「日常生活強度の低下」


近代化された社会の弊害として、人間の日常生活強度は
年々低下しています。
30年前の日本人男性のほとんどが過去に強度の労作経験が
あるのに比較して、現代の男性には強度の労作経験の
全く無い人が増えています。

交通網と乗り物の整備により歩数は減りました。
宅配便の整備で買い物も行かなくて済むようになりました。
家庭用品の全自動化により皿洗い、洗濯、掃除の労作業も
軽減しています。
料理はすでに調理もしくは半調理済みのものを使用することが
多く、料理などの小さな無酸素運動を著しく減少させました。

無酸素運動がダイエットに有効なことはすでに述べましたが、
生活強度の低下をいかに防ぐかが現代に大きなテーマに
なっています。人間は楽をしたいものです、日用品をすべて
便利にしてしまうのも考え物です。
なにごともマメに動くことがダイエットに大きな効果を産むのです。