「ダイエット薬エフェドリン、エフェドラ、麻黄」


ダイエット薬として、日本でも医師の処方無しでネットなどで一般にも手に入るようです。エフェドラ、麻黄の名前も有名になってきたようですが、このエフェドリンは血管収縮作用が強い薬です。注射では緊急の低血圧などに使用しますし気管支収縮作用がありますので咳止めとしても内服でも処方されています。

これの副作用が食欲不振などの胃腸障害で、この作用を使ってダイエットを成功させるというわけです。エフェドリンには心臓の冠血管の収縮作用があり、ダイエットに使用して狭心症や心筋梗塞などの人が死亡する例もかなりの数報告されています。

健康食品やサプリメントと称するダイエット用の製品にもこれらが表示なしに混入されていた例は枚挙にいとまがありません。健康食品やサプリメントと称して販売されているものに、「心臓病や高血圧の方は使用しないでください。」などと但し書きをつけて販売しているダイエット薬は疑って見た方が良いのではないでしょうか。大抵はこうした昇圧物質のエフェドリン、エフェドラ、麻黄などが使用されているのが現実です。

サプリメントは「補足」という意味で、足りないビタミンや栄養素を補給する意味で本来使われてきた言葉のはずです。現在は食欲を無くす副作用を利用して、こうした薬もサプリメントとしてネットなどで安易に販売され使用されている現実に驚きを隠せません。ちなみに日本薬局方ではエフェドリンは「劇薬」に指定されています。

エフェドリンの副作用はリンクさせて頂いている「赤城高原ホスピタル」のHPに詳細な記述がありますのでご参考になさってください。「エフェドラは危険?」のページです。毎日新聞にもこうした記事があります。

こちらです

●関連リンク

 赤城高原ホスピタル