減量薬マジンドール(サノレックス)


私は、33才(♀)身長164センチ、体重69キロと肥満1の状態にあります。

スポーツをかなりしていた10年前は、57キロほどでしたが、就職をして以来体重増加にあり今に至っています。最大72キロ位まであり、ダイエットや心労で64キロ位まで落ちましたが、油断すると68・9キロ位に戻ってしまいます。

先日、週刊誌に、ダイエットの最終兵器「マジンドール」という食欲抑制薬のことが掲載されており、元来重度の肥満者にしか処方されない薬だそうですが、自由診療で処方してくれる病院もあると書かれていました。すごく興味があるのですが、副作用とかあるのでしょうか?この薬について教えてください。



マジンドール(サノレックス)は日本で最初に認可された減量薬です。口が渇く、便秘、吐き気、不眠、頭痛、めまい、いらいら感、眠気が副作用です。やめにくくなり止めたあとに強いリバウンドがある為、35以上で肥満度70%以上の高度の肥満症の限られた患者さんに医師によってのみ処方されています。使用限度は3ヶ月とされています。

適応 (参考:坂田利家ら 肥満症指導マニュアル 1996)

a) 重度肥満の患者さんは減量に対してあきらめやすく、治療の動機を持ちにくくなる、こうした場合に薬物を導入し、治療に対するやる気を引き出す。

b) 重度肥満の患者さんの治療中、体重減少が横ばいになった停滞期。

c) 肥満による重度の合併症があり早期の減量が必要な場合


短期間にしか使用できず、投与中止後のリバウンドの為に以前ほどには処方されなくなっているようです。個人でこのような薬を購入して使用することは危険です。肥満外来や糖尿病の専門医師によって処方される薬です。勿論、日本では市販は許可されていません。肥満症で服用の適応がある方には健康保険が適用されます。

現在の体重で、自分の判断でこのような薬を服用することは悲惨な結果を招く場合が予想されます。一般の方がご自分で購入して服用するような薬ではありません。

メディアでこうした使用法を誤ると危険な薬を紹介しているものが依然と多いのに驚きます。おやめになった方が良いでしょう。